脂肪細胞の働きを理解して効率よく痩せる

効率的にダイエットをするためには、体内で脂肪細胞がどのように機能しているかを知ることが大事です。ダイエットプランを決める時にとても役に立ちます。脂肪を体の中に蓄積するための細胞と、貯め込んだ脂肪を燃やしてエネルギーにするための細胞があります。最もよく知られている脂肪細胞は、脂肪を溜め込む白色脂肪細胞です。脂肪細胞という言い方をしたただけの場合は、白色脂肪細胞のことです。カロリー供給が途絶えた時に備えて、白色脂肪細胞に脂肪を貯めておきます。1日で消費しきれなかった余剰カロリーが、どんどん溜まっていきます。白色脂肪細胞は、生まれた直後から思春期までは多くなり、以後は一定量になります。脂肪細胞にはもう一種類あり、褐色脂肪細胞と呼ばれています。脂肪細胞を消費するための細胞です。体の温度を上げるために、褐色脂肪細胞は脂肪細胞を燃やして熱エネルギーを作り出しています。年齢を重ねるにつれて、体内の褐色脂肪細胞の数は少なくなります。ですが、脂肪細胞を使って熱を生み出してくれる、非常に重要な細胞といえます。体質に応じて褐色脂肪細胞の働きぐあいは違いがありますが、どういった刺激の与え方で、褐色脂肪細胞がよく働くかが研究されています。肩甲骨や、首の後ろが褐色脂肪細胞が特に多い場所なので、そこにシャワーをかけたり、周囲の筋肉を動かす運動をしたり、肩を出す服装をしたりします。褐色脂肪細胞の働きを促進するには、規則正しい生活習慣を確立することが重要であるという指摘もあります。褐色脂肪細胞が積極的に働くような体を構築することで、脂肪が燃えやすくなり、肥満になりにくい体をつくることができます。

脂肪細胞の働きを理解して効率よく痩せる